サービス 企業情報 採用情報 トピックス お問い合わせ

1.計画期間 : 2015年4月1日~2020年3月31日

2.内容

 
雇用環境の整備に関する事項

1.主に育児をしている従業員を対象とする取り組み

1-1.
育児休業取得の推進
<目標>
<取組>
代替要員の確保など、育児休業を取得しやすい環境の整備
原職または原職相当職への復帰、育児短時間勤務の周知等
職場復帰後に、仕事と家庭の両立がしやすい職場環境の整備
1-2.
小学校就学以前迄の子を養育する社員が利用できる
育児短時間勤務制度
<目標>
<取組>
小学校就学以前の子を養育する社員が申請すれば、2時間の範囲内で
1日の勤務時間を短縮できる、育児短時間制度の実施
社内掲示板などで育児短時間制度を社員に向け周知する
1-3.
子の出生時における父親の休暇取得の推進
<目標>
<取組>
子の出生時に、父親の3日以上の休暇取得を推進する
有給休暇・特別休暇の如何を問わず、子の出生した父親の3日以上の
休暇取得を周知し推進する
1-4.
育児休業給付、産前産後休業、時間外労働・深夜業の制限など
自社の両立支援諸制度の従業員への周知
<目標>
<取組>
次世代育成に係る諸制度を周知徹底する
育児休業・産前産後休業など次世代育成に関する諸制度を社内掲示板を通じて
周知を行う

2.育児をしていない従業員も含めて対象とする取り組み

2-1.
在宅勤務(テレワーク)の導入
<目標>
<取組>
週1日以上の部分在宅勤務の5名以上の実施
通勤距離が遠い、身体障害者など通勤が困難な者
要介護家族が居る、育児休業終了後も育児のため所定時間出勤が困難な者等が
毎日出社しなくても働けるインフラ環境を構築し、在宅勤務を実施する
2-2.
所定外労働の削減のための実施措置
<目標>
<取組>
1ヶ月の所定外労働時間を全社で2割削減する。
各部署において業務効率化に向けた行動計画の見直しを行い
その進捗管理を徹底する
社内掲示板を通じて、社内の所定外労働短縮の意識啓発に努める
2-3.
年次有給休暇の取得の促進措置
<目標>
<取組>
年次有給休暇取得率を向上させる。
年次有給休暇の計画的付与制度により、年次有給休暇取得率の向上に努める
 
その他の次世代育成支援対策に関する事項
 
若年者インターンシップなど就業体験を実施して、雇用機会を拡大する
トライアル雇用等を通じた雇入れ、又は職業訓練の推進を実施する
<目標>

<取組>
インターンシップ等の就業体験、トライアル雇用の継続・推進を通じて
就業につながる若年者の職業訓練を推進する。
各自治体、ハローワークの施行している若年者就労支援制度への協力、
大学や専門学校、職業訓練校、高校との連携を強化し雇用機会を拡大する
TOP